青葉区に中古マンションを購入予定。中古のメリットは?

中古マンションのメリットは駅近で間取りが広く、その割には格安などたくさんあります。

とくに青葉区は人気のエリアなので、引き合いが多く投資用にも向いています。

■駅近物件が多く間取りも広い中古マンション。

青葉区に限らず中古マンションのメリットは、①駅近物件が多い。

②周辺の生活環境が整っている。

③間取りが大きい割に価格が安い。

④新築マンションと違って実際に生活している状態を見聞できる。

⑤自治会など管理の状態をチェックできる など、さまざまにあります。

設備は古くなりますが、リノベーションやリフォームで、新しくなっている物件もかなりあります。

■駅近・築浅でもファミリー向けが多いことが特徴。

中古マンションは築年数が経って古くなるほど駅近の物件になります。

建設地が多くあった時代に、交通の便が良い立地からマンション建設が始まったからです。

青葉区のようなエリアでも最近は同じような現象がみられますが、中古マンションであっても築浅の物件が多数あるのが青葉区の特徴です。

しかも単身者向けではなく、2LDK〜3LDKのファミリー向け物件が目立ちます。

■中古マンションは格安で人気があることから、流通性が高く投資物件としての価値も高いのが特徴です。

格安で好立地の中古マンションを購入して、自分以外の人に賃貸する投資用物件として運用できるのもメリットの1つです。

初期投資が少なくて済む分、複数の物件を所有するオーナーもいます。

青葉区は都市化が進んでいるので、こうした動きも顕著です。

◎中古マンションのメリットについての参考記事はこちら…>https://news.mynavi.jp/article/20190425-815060/(マイナビニュースに飛びます)