バイク買取こだわりサイト

バイクの楽しみ方は走るだけではなくメンテナンスや改造もその1つで、管理次第でバイク買取の価値も変わってきます。

原付バイクを10万円の値で高価買取にというのは無謀な考えです。

しかし可能性がないわけではありません。

買取感覚・市場感覚を探ってみましょう。

走行距離が1,000km~4,000kmの範囲内で、手入れが行き届き状態の良い原付バイクなら、買取に出しても“上物”というランキングを獲得することがあります。

それでも査定額は5万円程度なので、原付オーナーとしては不満の残るところでしょう。

高価買取というのは、その上のランクを狙っているはずです。

そこで“上物”から推測して、どのような状態なら高額査定になるのか考えてみましょう。

走行距離にして1,000km~4,000kmが上物で、その上の極上ランクを狙うとすれば、走行距離は、1,000km~2,000km。

さらに状態が良く、純正部品のままで、原付の中でも人気車種であれば10万円の値が付く可能性が十分残されています。

原付にもトレンドがあり、その流れは排気量上位のバイクより早いです。

もしも人気車種ならいまが旬です。

ただし、人気車種でも、事故歴や傷・サビ、放置したままの故障があれば、極上ランク獲得はむずかしくなります。

バイク買取の査定員がみるのは手入れの良さ、愛着の厚薄度合いです。

キズや故障の放置は、「愛着がないからだ。つまり他のところの具合も良くないはず」と推定します。

試運転はしないので印象で決まります。

「ほぼ新品に近い状態」、「人気車種」が10万円の前提条件です。

原付バイクだってバイクはバイク。

高値で買取に出したい気持ちは理解できますが、あまり期待はできません。

原付は走行距離5,000kmが評価のボーダーラインです。

バイクの入門編ともポジショニングされている原付は、原付ゆえの手軽さと安さがあって人気です。

しかしこれを買取に出そうとすると、その買取価格の低さに腰が抜けそうになることも…。

走行距離が5,000km以上の原付バイクであったりすると、これは中古の原付の中でもかなりの問題児と考えて良いでしょう。

正直に言ってしまうと、値段がつかないケースがかなりあるということです。

だいたい原付の中古市場では、“上物”と位置づけられているバイクでも3万円の値が付けばまあまあといったところです。

4万円台の値が付けば拍手ものです。

原付以上のクラスのバイクでも大差はありませんが、原付は放置すれば1年単位で市場の評価がワンランク低下します。

つまり上物でも3年放置した原付は、引取ってもらうのにお金がかかるケースもあります。

買取をお願いするつもりがお金を払わなくてはならなくなりますね。

何とか高価買取をと願っていても、原付は中古市場ではダブツイタ状態にあって、業者にすれば利益率の悪いカテゴリーです。

買取の時期を先延ばしするのはおすすめはできません。

1年で1万円以上、あっという間に買取価格が低下するというのがプロの見解です。

買取に出すなら今日にでも一括査定をかけてみたほうが良いでしょう。