バイク買取こだわりサイト

バイクの楽しみ方は走るだけではなくメンテナンスや改造もその1つで、管理次第でバイク買取の価値も変わってきます。

バイクを売る方法として、バイク買取業者に買い取ってもらうのと、販売店でバイクを買い替えるのを前提にバイクを引き取ってもらう方法です。

買取と下取りなら、どちらが得なのでしょうか。

【下取りとは】

バイクの下取りとは、販売店でバイクを買い替える時、今まで乗っていたバイクを引き取ってもらうことです。

引き取ったバイクは現金化せず、新車の購入代金から値引きをしてくれます。

一つの業者でバイクを売る、買うができるので手続き等がスムーズです。

しかし、下取り額はそれほど高額にならないようです。

【買取とは】

バイク買取業者にバイクを売り、現金化することを言います。

下取りをするよりも売却価格が高くなることが多いです。

バイク買取業者で買い取ってもらい、そのお金を新車購入の一部にする人は多いです。

ただし、バイク買取店と購入店と2か所で手続きをするため、少し面倒なのがデメリットです。

【どちらが得か考えよう】

基本的にはバイク買取業者で買い取ってもらい、現金化する方が売値が高くなるので買取が得だと言えます。

しかし、中には下取りに力を入れている業者もあり、下取りの方が高くなることもあります。

いくつかのバイク販売店に下取りならどれくらいになるかを尋ね、そしてバイク買取業者にも買取査定をしてもらって比較するようにしましょう。

出された金額を比べるだけですからすぐに結論は出せます。

下取りも買取も複数の業者に査定をしてもらい、比較するようにしましょう。

バイクを手放すことになり、バイク買取業者に査定をしてもらうことになったら、気になるのが査定の時、どんな項目をチェックされるのかということです。

バイク買取査定をしてもらった人の話を聞くと、良い状態で査定してもらったのに予想よりも査定が低かったという話がありますし、諦めていたのに値段がついたという話もあります。

どんなところをチェックされるのでしょう。

【エンジンと外装】

やはり一番重要なのがエンジンです。

エンジンがかかるか、音はおかしくないか、アイドリングは安定しているか、などがチェックされます。

エンジンに問題があるとやはりマイナスになります。

走行距離も少ない方が良いのではと思いますが、年式に応じた走行距離であればマイナスにはなりません。

外装については、さびや腐食、傷はマイナス評価になります。

しかし洗車の時についた傷や小石が当たってついた傷程度ならそれほどマイナスになりません。

日ごろからワックスがけをしてメンテナンスをしていれば高評価になります。

【足回りとフレーム】

足回りというのは、タイヤ、ホイール、フロント、リアのサスペンションなどを指します。

タイヤが摩耗しているとか、サスペンションの機能が低下しているのはマイナスになります。

フレームの曲がり、ゆがみ、加工はマイナス評価です。

フレームがマイナスだと買取額が大幅ダウンになるので注意が必要です。

【日頃のメンテをしっかりと】

自分が長年乗ってきたバイクは愛着があり、良い評価をもらいたいと思うものです。

高額査定をしてもらうには、日頃のメンテナンスをしっかりすることが大切です。

バイクを高く買い取ってもらう為には、売る側も少し工夫が必要です。

近所のバイク店に持ち込むのも良いですが、前もってバイクの買取り査定をネットで行う事も出来ます。

Read the rest of this entry »

バイク買取の際は一括査定で自宅までの出張査定を依頼した場合、自宅まで無料でバイク買取の査定スタッフが来て実際の状態を見て査定をしてくれます。

その際にバイク買取査定の方法についてはその会社独自のマニュアルに沿って行っており、査定ポイントは大きくエンジンや車体フレーム、外装や電装品の状態、リアやフロント周りの状態、総合的な状態など合わせて判断されます。

Read the rest of this entry »