青葉区の中古マンション、リノベーション物件はある?

青葉区はファミリー向けの中古マンションとビジネスユースの物件が混在しているエリアなので、リノベーション意識が高く、そうした物件が多くあります。

ただし不完全な物件には注意しましょう。

■リノベーション物件のメリットとは何か。

青葉区の中古マンションにもリノベーション物件は多数あります。

昔と違って、現在はリフォームよりもリノベーション物件のほうが売れ行きが良いので、青葉区でもその流れが顕著になっています。

リノベーションのメリットは、間取りを自由に設計できること。

柱など住戸を支える構造体以外を新しくしてもらえるので、老朽化に歯止めがかかった状態になります。

床を剥いで給水管を新しくしたり、天井裏の配線を新しくしたりできるのもリノベーション物件ならではのメリットです。

■青葉区はリノベーション意識の高いエリア。

青葉区はファミリー層が多く住む一方で、単身赴任などのビジネスユースにも人気のあるエリアです。

そのため中古マンションであっても費用をかけてリノベーションしたほうが購入率が高くなり採算が取れます。

とくに競争率が高く激しい駅近物件には、リノベーション物件が多くあります。

多くは5年保証や10年保証が付いていて、その期間内の瑕疵(かし)であれば無償で修復してくれます。

◎青葉区ではありませんが、こちらの記事もあわせてどうぞ⇒(【団地リノベ】2つの住戸を1つにつなげる「ニコイチ」が画期的! 始めたきっかけは「団地の過疎化」でした | mixiニュース

■名ばかりのリノベーション物件には注意しましょう。ポイントは床下・天井裏の修復・刷新にあります。

リノベーション物件だと言いつつ、肝心のライフラインについてはリノベーションされていないケースが良くあります。

中古マンションは、専有部分の給排水管や送電設備がライフラインの急所に当たります。

保証書には修復カ所の明細が記されているのでチェックすることができます。

そうでない物件は避けましょう。

中古マンションによくある問題とは?青葉区に購入検討中です。

中古マンションにありがちなトラブルは住戸内の設備などより、共用部分の管理のずさんさからくるものが多いのです。

青葉区でも例外ではありません。

■中古物件は管理の仕方で資産価値が上下する。

昔からマンションは管理を買えと言われてきました。

どんなにいいマンションでも、管理が行き届いていなければ、劣化がすすみ、建物全体の雰囲気が悪くなって資産価値が下がるからです。

これは青葉区のような人気のエリアにある中古マンションでも例外ではありません。

管理を請負う外部委託の管理会社と、中古マンションの住人で構成する自治会が、しっかり機能しているかを確認しましょう。

■マンションの管理状態を知るポイントを知っておく。

マンションの壁や塀にひび割れがある、共用廊下の蛍光灯が切れたままになっている、駐輪場が汚い・駐輪の仕方がメチャクチャ。

また修繕維持積立金の運用などでも、ずさんな管理や使い込みによって、定期的な補修が行えないといった事態も頻発しています。

中古マンションでも新築のマンションでも、規模の大小に関わらず、しっかりした管理があって初めて資産価値は維持されていくのです。

■中古マンションを内見しに行くときは、住戸の中と共用部分とを区切って、しっかりチェックしましょう。

住戸の内部も大事ですが、共用部分の管理のされ方はもっと大事です。

共用は自分では処理ができず、自治会を通す必要があるからです。

できれば雨の降る薄く暗い日を選んで内見に行ったほうが、雨漏りや管理の状態が良くわかります。

共用部分をチラ見するだけでは後悔の元に。

住人にもヒアリングしてみましょう。

青葉区に中古マンションを購入予定。中古のメリットは?

中古マンションのメリットは駅近で間取りが広く、その割には格安などたくさんあります。

とくに青葉区は人気のエリアなので、引き合いが多く投資用にも向いています。

■駅近物件が多く間取りも広い中古マンション。

青葉区に限らず中古マンションのメリットは、①駅近物件が多い。

②周辺の生活環境が整っている。

③間取りが大きい割に価格が安い。

④新築マンションと違って実際に生活している状態を見聞できる。

⑤自治会など管理の状態をチェックできる など、さまざまにあります。

設備は古くなりますが、リノベーションやリフォームで、新しくなっている物件もかなりあります。

■駅近・築浅でもファミリー向けが多いことが特徴。

中古マンションは築年数が経って古くなるほど駅近の物件になります。

建設地が多くあった時代に、交通の便が良い立地からマンション建設が始まったからです。

青葉区のようなエリアでも最近は同じような現象がみられますが、中古マンションであっても築浅の物件が多数あるのが青葉区の特徴です。

しかも単身者向けではなく、2LDK〜3LDKのファミリー向け物件が目立ちます。

■中古マンションは格安で人気があることから、流通性が高く投資物件としての価値も高いのが特徴です。

格安で好立地の中古マンションを購入して、自分以外の人に賃貸する投資用物件として運用できるのもメリットの1つです。

初期投資が少なくて済む分、複数の物件を所有するオーナーもいます。

青葉区は都市化が進んでいるので、こうした動きも顕著です。

◎中古マンションのメリットについての参考記事はこちら…>https://news.mynavi.jp/article/20190425-815060/(マイナビニュースに飛びます)

青葉区の中古マンションの相場はどうなっていますか?

青葉区の中古マンションの相場は、ここのところ大きな変動はなく落ち着いています。

その要因はどこにあるのかを含め、今後を考えましょう。

■青葉区の相場が落ち着いている4つの要因。

青葉区の中古マンションの相場は約1,990万円(2LDK〜3LDK)で、物件価格・地価はそれほど高くなっていません。

その理由として、①景気に対する先行き不透明感が和らぎ一段落していること。

②資材の高騰・職人不足による人件費の高騰が新築マンション等の物件で起こっていないこと。

③単身赴任者などの需要が一時にくらべて鈍化していること。

④投資熱が下がっていること などが考えられます。

■今後は自然災害が相場を狂わせるように!?

中古マンションに限らず、不動産の今後の相場観は自然災害によって大きく左右されることになります。

先日も、関東や東北で大きな自然災害が起きましたが、このような現象が多発すれば当然相場観にも不測の乱高下が発生します。

青葉区のように他のエリアとくらべて人気の高いエリアは、その影響を大きく受けることになります。

■青葉区の中古マンションは、現在のところ落ち着いた相場にありますが、今後は注意が必要。購入の見極め時かも知れません。

青葉区は相場が落ち着いている今こそ買いだという人もいるし、自然災害などで今後の価格低落が心配だという人もいます。

しかしそうなれば資材も人件費も高騰し、中古マンションの販売価格も急騰するはず。

心配しだすとキリがないのが今どきの不動産環境。

買いかどうかの見極め時です。