バイク買取こだわりサイト

バイクの楽しみ方は走るだけではなくメンテナンスや改造もその1つで、管理次第でバイク買取の価値も変わってきます。

バイクを売る方法として、バイク買取業者に買い取ってもらうのと、販売店でバイクを買い替えるのを前提にバイクを引き取ってもらう方法です。

買取と下取りなら、どちらが得なのでしょうか。

【下取りとは】

バイクの下取りとは、販売店でバイクを買い替える時、今まで乗っていたバイクを引き取ってもらうことです。

引き取ったバイクは現金化せず、新車の購入代金から値引きをしてくれます。

一つの業者でバイクを売る、買うができるので手続き等がスムーズです。

しかし、下取り額はそれほど高額にならないようです。

【買取とは】

バイク買取業者にバイクを売り、現金化することを言います。

下取りをするよりも売却価格が高くなることが多いです。

バイク買取業者で買い取ってもらい、そのお金を新車購入の一部にする人は多いです。

ただし、バイク買取店と購入店と2か所で手続きをするため、少し面倒なのがデメリットです。

【どちらが得か考えよう】

基本的にはバイク買取業者で買い取ってもらい、現金化する方が売値が高くなるので買取が得だと言えます。

しかし、中には下取りに力を入れている業者もあり、下取りの方が高くなることもあります。

いくつかのバイク販売店に下取りならどれくらいになるかを尋ね、そしてバイク買取業者にも買取査定をしてもらって比較するようにしましょう。

出された金額を比べるだけですからすぐに結論は出せます。

下取りも買取も複数の業者に査定をしてもらい、比較するようにしましょう。

水曜日, 20 9月 2017 on バイク買取の査定方法.

Comments are closed.