青葉区の中古マンション、リノベーション物件はある?

青葉区はファミリー向けの中古マンションとビジネスユースの物件が混在しているエリアなので、リノベーション意識が高く、そうした物件が多くあります。

ただし不完全な物件には注意しましょう。

■リノベーション物件のメリットとは何か。

青葉区の中古マンションにもリノベーション物件は多数あります。

昔と違って、現在はリフォームよりもリノベーション物件のほうが売れ行きが良いので、青葉区でもその流れが顕著になっています。

リノベーションのメリットは、間取りを自由に設計できること。

柱など住戸を支える構造体以外を新しくしてもらえるので、老朽化に歯止めがかかった状態になります。

床を剥いで給水管を新しくしたり、天井裏の配線を新しくしたりできるのもリノベーション物件ならではのメリットです。

■青葉区はリノベーション意識の高いエリア。

青葉区はファミリー層が多く住む一方で、単身赴任などのビジネスユースにも人気のあるエリアです。

そのため中古マンションであっても費用をかけてリノベーションしたほうが購入率が高くなり採算が取れます。

とくに競争率が高く激しい駅近物件には、リノベーション物件が多くあります。

多くは5年保証や10年保証が付いていて、その期間内の瑕疵(かし)であれば無償で修復してくれます。

◎青葉区ではありませんが、こちらの記事もあわせてどうぞ⇒(【団地リノベ】2つの住戸を1つにつなげる「ニコイチ」が画期的! 始めたきっかけは「団地の過疎化」でした | mixiニュース

■名ばかりのリノベーション物件には注意しましょう。ポイントは床下・天井裏の修復・刷新にあります。

リノベーション物件だと言いつつ、肝心のライフラインについてはリノベーションされていないケースが良くあります。

中古マンションは、専有部分の給排水管や送電設備がライフラインの急所に当たります。

保証書には修復カ所の明細が記されているのでチェックすることができます。

そうでない物件は避けましょう。