青葉区の中古マンションの価値は、新築とくらべてお得?

仙台市青葉区は自然環境を残しつつ都市化が進むエリア。

中古マンションの流動性が高くなることでお得感のある物件が増えています。

■駅近物件で築浅の中古マンションが多数。

青葉区に購入する中古マンションがお得かどうかは、新築との比較はもちろん、他のエリアとくらべてどうかということでもあります。

青葉区は仙台市の中でも自然環境と都市環境の融和、子育てのしやすさなどで人気のエリアです。

中古マンションの青葉区の相場は約1,990万円(2LDK〜3LDK)で、駅徒歩1分~5分圏内に多数売り出されており、しかも築5年以内の物件が多くあります。

その意味でも購入はお得といえるでしょう。

■都市化が進行する街で起こる高い流動性。

青葉区のように都市化がすすんだエリアは、人口の流動性が高くなり、相場観でもお得な物件が増えるとされています。

新築マンションの場合は資材や人件費の高騰で割高になる一方ですが、中古マンションは流動性の高さによって相場が決まります。

立地が駅近で楽、生活施設が整っている、設備は古くなるけれども間取りが広いなど、これらも中古マンション購入のメリットです。

■青葉区のように都市化が進行する街は、中古マンションこそお得物件といえます。物件の基本要件を確認して購入に踏み切りましょう。

中古マンションはすでに人が暮らしているコミュニティなので、隣近所の住民から住み心地をヒアリングすることも可能です。

建物の構造、耐震・耐火性、地盤の問題など、基本要件を確認しつつ、駅近や生活施設の充実した物件を狙い目としましょう。